シローズのホワイトニングに値段的効果を期待/使いやすさが決め手か?

shiro's(シローズ)ホワイトニングの値段13,800円

歯を白くしたい一心で、とうとう買ってしまった、

Shiro’s(シローズ)

シローズとは、一体何なのか?

それこそ、今流行りの『LED照射型ホワイトニングキット』

さらに音波電動歯ブラシ付き。

まとめると、シローズには、

LED照射型ホワイトニング音波電動歯ブラシです。

今回は、シローズの機能や使い方をレビューしたいと思います。

 合せて読みたい

はじめに

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングと言って売る男性

ホワイトニングには、大きく分けて2種類、

審美歯科で施術してもらう『オフィスホワイトニング』

自宅でセルフで行う『ホームホワイトニング』です。

歯を白くしたいなら当然、

審美歯科で行うオフィスホワイトニングの方が、

歯をホワイトニングすると即効性があってより歯を白くしてくれます

しかし何故?私がホームホワイトニングを選択したか?

答えは・・・

自宅で簡単に手軽にホワイトニングができる点

ホワイトニング費用が安く自己完結ができる点

ホワイトニングの即効性を求めず、白い歯を手軽に維持できる点

この3つの点を重視して『シローズ音波電動歯ブラシ』を購入しました。

シローズの値段

通常19,800円税込

【送料無料】【10日間保証】【30%OFF】

13,800円税込』

>>Shiro’s公式サイトはここをCLICK

amazon、楽天市場では販売されていません

シローズ購入ボタン

【値段】ホワイトニングの予備知識

オフィスホワイトニングの値段には8,000円~10万円、または30万円と幅があり、

歯を白くなったと実感できるようになります。

お試しコース(来院1回):8,000円

変化実感コース:15,000円

3回来院コース(来院1回):48,000円

ハイパーホワイトニング:70,000円

デュアルホワイトニング:98,000円

年間通い放題コース:30万円

※全国的に有名な『ホワイトエッセンス』から値段を参考にしました。

オフィスホワイトニングは、年に何回か通院しないといけないので少し面倒な部分もありますが、

歯の白さを実感できなければ返金保証が付いているところが多いのが現状です。

審美歯科(歯科医院)で施術を行うホワイトニングには、

歯を白くしてくれるメリットがありますが、デメリットも考えなくてはなりません。

オフィスホワイトニングのデメリット
  • 歯の白さが後戻りが早い
  • 歯を白さを維持するのにお金がかかる
  • 通院しなければならない
  • 施術で痛みや染みるたりする

などなど。

>>オフィスとセルフのメリットとデメリット

Shiro’s(シローズ)の使い心地

shiro's(シローズ)ホワイトニングを充電している

シローズのホワイトニングは、超便利に、超利便性が高くできています。

自宅でホワイトニングするのには

「手軽に」「簡単に」そして

「継続」していかなければなりません。

だからこそ『シローズ』の利便性が重要なのです。

まずは、主な製品仕様を簡単に説明したいと思います。

大きさは手のひらよりも小さいコンパクトサイズ

重さは110g(iPhone8が150g)

充電式(フル充電で、25回使用可能)

完全防水:IPX7(水没させてもOK)

この製品仕様から考えると、持ち運びも軽く、お風呂にも入りながらホワイトニングが出来てしまいます。

実際、私も入浴中にホワイトニングを済ませてしまう時があります。

【徹底公開】>>シローズの製品内容

シローズのブラッシング機能

shiro's(シローズ)ホワイトニングの音波Hzの説明

シローズ専用のマウスピースを咥えて、

ボタンを押すとブルブルブゥブゥ〜っとバイブが始まり歯をブラッシングしてくれます。

モードは、HighとLowの2段階バイブ。

shiro's(シローズ)ホワイトニングのマウスピース毛羽立ち

仕組みのマウスピースの断面

シローズのマウスピースはブラシタイプが特徴的です、他のホワイトニングキットにはない機能。

ブルブル~っとブラッシングが始まれば、音波電動歯ブラシなので歯を磨いてくれます。

ホワイトニングキットを左右に動かせば全体的にゴシゴシ歯を磨けて、

最初は慣れませんが使っているうちにスッキリ感が味わえます

歯のツルツル感もまぁ〜いい感じです。

私の場合、30秒じゃ足りない気がして、

ブラッシングHighモードの後にLowモードにして2回ブラッシングをしてよりスッキリ感を体感しています。

舌磨き

shiro's(シローズ)ホワイトニングの舌磨きの説明

シローズのブラッシングには舌磨きモードもあって、Lowよりも力の弱いバイブで、

同時に音波振動もしているので細かな汚れも落ちてくれます。

これは、口臭予防にもなり超便利機能。

シローズホワイトニング本体の舌磨きの使い方

マウスピースを使い左右に動かして舌磨きを完了。

1番始めにブラッシングした時はチクチク感が少しありましたが、

大した痛みもなく、染みる事もなく、2回目以降は気持ちが良くなってきます

LED照射

シローズのLED照射は15分間の自動終了。

ホワイトニング本体が完全防水なので、入浴中にも出来るし、テレビを見ながら、スマホゲームをしながらでOK。

意外と作業しながらホワイトニングをしていると15分の自動終了早過ぎます。

【徹底解析】>>シローズの仕組みと使い方

Shiro’s(シローズ)のホワイトニング効果

私は、シローズを買う前から歯磨き粉(アパガード)によるホワイトニングをしていました。

歯磨き粉歯ブラシだと歯の白さにムラがあると限界を感じ、

音波振動も付いているシローズを買った訳です。

これから、その効果のほどを気長に体感してみたいと思います。

シローズを1週間使ってみて

シローズの口コミだと、

10日間で白くなりましたとか、

30日間で効果が現れたとか書いてありますが、

私の場合、すでにアパガードを使いホワイトニングをしていて、

歯が人よりも白い歯を持っています。

なので・・・

歯

お目汚しすみません、私の歯色です

1週間じゃ効果は分かりづらく、効果のほどはハッキリ判りません。

歯と歯の間の黄ばみを取るために買ったシローズ、これからの効果を期待しています。

なんとなくでしかありませんが、少し色落ちしてきたのではないかと感じています。

もちろん、白い歯を維持するためのツールとして、

最高のシローズは期待度は抜群です。

効果が現れ次第、

次回ブログにアップしますので、ブックマークなどしてくれたら嬉しいです

>>シローズの公式サイトはこちら

まとめ

シローズの購入を考えている方にお伝えしたい。

ホワイトニングを長く続けるには、利便性の高いホワイトニングキットをおすすめします。

私がシローズを買った決めてでもある

防水機能
充電機能
ブラッシング機能

これらを考えて欲しく、ホワイトニングを持続させるためには、便利機能なのでオススメしたいです。

Shiro’s公式サイトで購入する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする