会社内の人間関係の悩みは『会社イヤ嫌病』を発動/いい薬はこれだ!

『会社が嫌だ!』

『会社が無理だ!』

『会社が最悪!』

様々な理由で会社に行きたくない事があるでしょう。

理由は様々ですが、私もそうでした、だからよく分かります。

それを私は

「会社イヤ嫌病」

と名付けました。

その中でも1番の理由として、職場環境の人間関係がトップクラスに入ってきます。

人間関係がこじれると酷い目に遭うのは間違いありません。

イジメ

シカト

イヤガラセ

まず間違いなくこれらの3つの被害に遭う事が予想されます。

人間関係の悩みを抱えた人に私の経験を踏まえてお役に立てればとお話しましょう!

会社の人間関係を悩まさせる条件

手を付けて泣いているサラリーマン

まず、会社や職場で人間関係を悪くするのは、その人の性格、見た目、年齢などではなく、

仕事の質が人間関係を悩ませます

  • 仕事ができない
  • 事が遅い
  • 仕事をしない

この3タイプの人は必ず人間関係を悩ます原因の人です。

断言できます。

単純にその人たちがいなければ、人間関係に悩まされる事はないのですが、

巻き込まれるケースこれが1番の悩みのタネであり、

1番厄介な悩みです。

それでは巻き込まれて悩まされないためにその対処法をお話しましょう。

仕事ができない奴に巻き込まれる悩み

会社組織で仕事をしていると必ず出来ない奴が存在します。

仕事ができないレベルが

「ある程度できない」

「普通より少しできない」

「新人よりマシ」

ならば少しアシストするだけで、大した問題ではないですが、

完全に仕事ができない奴らの頭の中は、

「普通の方」

「できるとは言わないが、まあまあの方」

「意外と出来てる方」

などと、おかしな考えを本気で思ってます。

仕事ができないと絶対に認めていはいません。

こういう人たちと会社で仕事をしていると悩みが尽きません。

奴らの失敗すら被ることになりかねません。

「いち早く察知し」

「いち早く見極め」

「いち早く手を引く」

ことをオススメします。

この記事を読み進めているという事は、巻き込まれ、悩み苦しんでいるのだと思います。

強い心を持って、今からその人から完全に手を引くことをオススメします。

決してそういう人を助けようなんて思ってはダメです。

多少の犠牲はありますが、人間関係に傷を深めるよりマシです。

人間関係に悩まされれば、正常な判断が出来にくく深みにハマっていくだけです。

「いつか出来るように」

「いつか分かってくれる」

「いつか借りを返してくれる」

奴らには絶対に無理で、『いつかきっと』はありません。

こういう人たちは平然と裏切ってきます

「手を差し伸べたり」、「助けたりする」のは止めて、直ちに全力で逃げるこれに限ります。

手を引いた事で人間関係に傷がついても問題ありません

仕事のできない人とは、こちらから仲良くする必要はありませんし、仲良くしたければ向こうからやってくるまで待てばいいのです。

仕事が遅い奴らに巻き込まれる悩み

仕事というのは、必ず相手がいます。

取引先、仕入れ先、お客と相手がいるから仕事があると言っても過言ではありません。

必ずそこには期限や納期が有り、そこに間に合わせなくてはなりません。

仕事の遅い人は必ずやマイペースにやり、

そして、必ず言い訳

「時間がないからできない」

「忙しいからできない」

「そんなこと言われたって」

しかし、この様な人たちは、よくもぬけぬけとこんなことを言い、

しっかり休憩の権利だけは主張してきます。

仕事中に休憩、休憩時間に休憩と常に休憩ばかり。

こういう人たちと会社で仕事をしている悩みは、いつも納期などの期限に追われることです。

よく私も期限や納期に悩まされました。

しかも、直前になって、「これもぉ~」なんて日常茶飯事。

ムカついてきます。

仕事が遅いやつは、自分のスケジュールが分かっていないので、

奴らのスケジュールを押さえるしかありません。

面倒ですが、対策はこれしかなく、こいつらを頭数に入れないことをオススメします。

常に管理されると、一丁前に文句言ってきますが、慣れるしかありません。

スケジュールさえ押さえてしまえば、言い訳ができなくなり、1番の対策と言えます。

仕事をしない奴らに巻き込まれる悩み

会社で職場で仕事するって事は人にはそれぞれ与えられた仕事があるはずです。

仕事をしない奴らは、人に仕事を任せて仕事をしません。

しかも、仕事を人に任せた事(押し付けたとも言う)により、

任せた相手が仕事を完成させたら自分がやった気になってます。

これが1番の悩みと言っても過言ではありません。

何もやってないくせに、

「疲れた」

「忙しかった」

「時間がかかった」

など平気で言ってきます。

こういう人たちの多くは人の目を盗み忙しいふりをするのが得意です。

終いには仕事に悩んだ顔をしてきます。

放置しておくと気づいた頃には、取引先に迷惑がかかり、後始末をするしかないパターンが多いのが現状です。

解決策は1つ、そもそも仕事を与えない

一応会社に来ているんだからと思うかもしれませんが、結局これが1番いい薬になり、少しは仕事をするようになります。

仕事を

奪わなくとも与えない

仕事のくくりをはっきりさせることが悩み解決の一歩です。

会社の人間関係の悩みを解決する3つの対策

会社内で人間関係が悪くなる理由は、

自分の仕事が満足な結果が得られない時に人間関係を悪くする可能性が大いにあります。

しかも、

自分のせいじゃなかった時

誰かのせいで結果がでず、

周りから自分のせいだと思われたり、

冷遇されたりなんかしたら、

人間関係の悩みも増幅するでしょう。

そうなってしまう前にやらなければならない3つの解決方法をこれからご紹介します。

目の前にある自分の仕事をキッチリ

人には必ず与えられた仕事があると思います。

会社内の人間関係を良くしたいならば、目の前の仕事をキッチリ。

キッチリとは・・・

100%完璧にやる

時間をかけてでもやって下さい

キッチリこなす事で、心に余裕が持てるのはもちろん、仕事のスピードも効率も上がり好転します。

当然、結果が見えてくれば、周りの見る目も変わってくるので人間関係の悩みに苦労はしません。

すでに悩みのある人も同様です。

再度言いますが、目の前自分の仕事をキッチリやることが解決の一歩です。

優しさを持って人を不用意に助けない

人間関係の悩みで原因の1つに不用意な優しさがあります。

特に他人の仕事を手伝ってしまった事による失敗です。

気の優しい人には依存体質の人間が寄ってくることが多いにあります。

この人たちは、この世の終わりみたいな顔をして、無言で助けて欲しいとテレパシーを送ってきます。

こういう人たちに巻き込まれて、

不用意な優しさにより、

精神を傷つけられ、

思わぬ人間関係の悩みに突入ですので、不用意な優しさは厳禁です。

【依存体質の人間とは】

人の優しさに漬け込んでくる人間

無言で助けてと言ってくる人間

助けてくれるまでまとわりわりつく人間

※こういう人間たちは、人からの恩を感じることはありません

簡単に言うなら、『恩を仇で返す』という事です。

口癖は、「それとこれとは別」「感謝はしてるけど・・・」などなど、人間関係の悩みに深く関わってくるので注意が必要です。

こういう人たちに出会ってしまったり、気付いたら不用意に助けない、

強いては助けてと言われるまで助けない事が最良の策です。

一瞬、関係は悪なるかもしれませんが、依存体質の人間は、

直ぐに次の餌食を探し始めるので人間関係の悩みに発展することはないので安心して大丈夫です。

依存さえされなければ、いい距離感を保てるはずです。

断る事逃げる事の大切さを知る

会社内で悩みの1つに上司や先輩から

断りづらい仕事

大変な仕事

を頼まれる時があります。

これが人間関係を悪くする厄介な悩みでもあるんです。

いい顔して頼まれやすい状態に突入すると、彼奴らは調子に乗って頼んできます。

『言えばやってくれる』なんて思い始め、

ついには奴らの仕事をこっちの仕事にしてきます。

嫌われたらと思う気持ちが先行してでも、

一旦

「断る」

「逃げる」

勇気を持って行動する事が大切です。

究極は彼奴らに頼ませない雰囲気を作る事が重要です。

一旦は嫌われたとしても、仕事の結果さえ出てしまえば、人間関係まで悩まされる事はありません。

人間関係の悩みから逃れる

最終手段として人間関係から逃げるという手段があります。

決して逃げるということではありません。

むしろ私は、良いことだと思うくらいです。

気の優しい人は、私が辞めたら

誰か困るかも・・・

良くしてくれているお客さんに・・・

会社が大変に・・・

などなど、色々考えるかもしれません。

そんな事を考えている間に、人間関係の悩みにより精神が傷んでしまっては元も子もないありません。

それを避けるためにも逃げる勇気が必要になってきます。

どっぷり逃げられなくなってからでは遅いので、逃げ口を2つ話して行こうと思います。

これから話す、2つの方法は、心の余裕をもたせる手段にしかすぎませんが、

今のうちからやっておくと

後々効果的なってくるので、是非、嫌がらずに、面倒くさがらずにやってみてください。

転職を考えておく

今読んでくれている方が、どういった職業か分かりませんが、人間関係の悩みにおいて職業は関係ありません。

多少会社の質で異なる場面はありますが、人間の本質はみな同じです。

もし、人間関係に悩まされ会社を辞めずらくなっているなら、即、転職を考えるべきです。

転職サイトやご自分の人脈を使い、ある程度逃げ場を探すと心も和らぎます。

転職をする大多数の人が、この人間関係の悩みで転職するからです。

精神が痛み正常な判断ができなくなる前に対処した方が人生好転します。

転職活動が会社にバレたらバレたでいいんです。

いいキッカケになり、悩みの解決の相談もあるかもしれません。

上司が聞いてくれたり・・・

先輩が聞いてくれたり・・・

悩みがオープンになり、意外な仲間が解決策を提案してくれるかもしれません。

もし一人で悩みを抱えているなら、

悩みのその先の逃げるをテーマにしておくと、もし最悪なケースになった場合でも安心して日々の仕事に打ち込めます。

ドラマの言葉ではありませんが、

『会社のために自分がいるのではなく、

自分のために会社があるんだ』

と思うことが、会社内での人間関係の悩みを解消する手段でしょう。

他に稼ぐ宛を作る

人間関係の悩みにより、収入の問題で会社を辞められない問題が発生してきます。

こういう時に効果的なのは、会社以外の収入である副収入です。

副収入と聞くと、いわゆる副業ですね。

会社が終業してからコツコツやるやるバイトやアフィリエイトなど副業はありますが、

いきなりやると面白くない、ハードルが高かったりします。

そこで・・・!!

簡単で手軽なものが資産運用です。

いわゆる投資ですね。

とうと聞くと、日本人は詐欺意識が高く、あまり興味を持ってくれません。

資産運用とは、簡単にいうとお金がお金を稼いでくれるものなのです。

正しい知識さえ勉強すれば、億単位は無理にしても、何百万くらいは素人からでも稼げます

人間関係の悩みをしているくらいなら、資産運用の悩みにすり替えた方が人生バラ色です。

ちなみに私は、資産運用を覚えたことによって

人間関係の悩みがちっぽけに思えた

一人です。

【資産運用に関する注意事項

訳も分からず資産運用はしてはなりません。
特に人に頼ることは厳禁です。

ご自身の資産はご自身で管理し即動かせる(専門的には避難する)ようにしなくてはなりません。
人に任せる」「渡す」「預けるは詐欺師の格好のカモです。

まとめ

会社で人間関係の悩みの多くは、仕事ができないやつに巻き込まれることがほとんどです。

こいつさえ仕事ができていればと思うばかりでしょう。

最終的に心のよりどころが必要になってきます。

私のおすすめは資産運用ですが、

会社なんか頼らず転職活動や、副業なども考え、

『会社のために自分がいるのではなく、

自分のために会社があるんだ』

という精神で、まず過ごしてみてはどうでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする