敏感肌クレンジングには【界面活性剤不使用】がいい!なぜならば…?!

ツルツルお肌の女性

全国の女性のみなさん、クレンジングってご存知ですか?

当たり前に知ってますね!

では、これはご存知ですか?

スキンケアをする上で、

クレンジングが最重要

あることを!!!

意外と知らない事実なんです。

クレンジングを怠ると、その後のスキンケアに大きな影響を及ぼします。

メイク汚れを落としきれずに、汚れや皮脂が肌に残っているとトラブルの原因となります。

メイクを落とすにあたって、必要な成分は油分と界面活性剤です。

油分でメイクの油分を馴染ませ浮かせ、

界面活性剤で馴染んだメイクを水に溶かして洗い流す、

これがメイクの落ちる仕組みです。

ここで注目すべきは、『界面活性剤』です。

クレンジングに関する悩みを発生させる原因の1つは、界面活性剤と言っても過言ではありません。

界面活性剤を多く含んだクレンジングを使えば、

「肌がツッパる」

「肌がガサガサする」

「肌が乾燥する」

などの原因のひとつです。

今回は、注目すべき界面活性剤について、説明していきましょう。

界面活性剤について

水と油に界面活性剤(乳化剤)を加えて棒で混ぜて掻き回して乳液を作った

界面活性剤は乳化剤とも言われ、

洗浄力の強いクレンジング液に多く含まれている場合が多いです。

特に、リキッドタイプとジェルタイプには50%近く含まれている事があります。

乳化とは、油分をを水に溶けやすくするための作用の事をいい、

界面活性剤は、油性分のメイクアップ料と混じり合わせる事により乳化させ、

素早く水で洗い流せるようにします。

要は、肌についたメイクや油汚れを、水に溶かし容易に洗い流せるようにするための界面活性剤です。

界面活性剤を含むクレンジング液で気をつけなければならないのが、

お肌の有用な皮脂

「肌の潤い」

まで取り去ってしまう事で、肌悩みの原因になることが多々あります。

クレンジングに関する悩み

鏡を見る悲しそうな女

大体、クレンジングにかんする悩みと言ったら、

大きく分けて3つ。

『洗浄力、乾燥、手間』です。

洗い上がりがよく洗浄力が強ければ、当然界面活性剤が多く含まれるクレンジング液を使用しているでしょう。

クレンジング後の洗浄力が強いが故に、潤いまで落としてしまって、

「肌がつっぱる」

「乾燥が酷くなり肌荒れがする」

じぁ〜界面活性剤の量の少ない低刺激のクレンジング液を使って、

肌への刺激を少なくしてメイクを落とそうとする。

そうなると・・・

「手間がかかる」

または・・・

時間を惜しんで、チャチャッと済ませてしまい、

クレンジング液でメイクが浮かび上がるのを待たずに水で流してしまい、

「肌荒れの原因」

を作ってしまう。

こんな事を分かっていながら長きに渡りやってしまうと、とんでもない事になってしまい兼ねません。

主にストレス敏感肌の原因になってしまいます。

ストレス敏感肌とは

バリア機能の悩み

精神的ストレス物理的ストレス

化学的ストレス生物学的ストレスにより、

角層が乱れて、肌のバリア機能が低下してしまう状態の肌です。

バリア機能が低下すると、

毛穴、乾燥、ハリ不足、肌荒れ、大人ニキビ、シミ、シワ、7つの肌の美容に大敵

な現象が連鎖してしまいます。

ストレス敏感肌の状態で、洗浄力の強い界面活性剤を多く含むクレンジング液を使えばどうなるかお分かりですね。

そう、肌がつっぱる現象が待っています。

「肌が乾燥する」

「肌がピリピリする」

「肌がカサカサする」

これが、界面活性剤の負の作用と呼ばれる現象なんです。

界面活性剤の負の作用

界面活性剤は洗浄力が強いというメリットはあります。

しかし強い反面、それに影響して負の作用もあります。

大きく分けて3つ

  • 過剰に肌の皮脂を取り除く
  • 皮膚に吸着して刺激物となる
  • 肌の保湿成分を流出させる

当然、これらを放っておけば、肌荒れ、シミ、小ジワなどの原因となる可能性大でしょう。

回復力のある若い10歳代や20歳代の肌ならまだ良いかもしれませんが、

30代、40代となるにつれて回復力や再生力は弱くなってきいます。

界面活性剤不使用のクレンジング液は?

界面活性剤不使用のものを使えば

肌への刺激は減るのではないのか?

低刺激になるのではないなか?

まさにその通りです。

確かに、界面活性剤を不使用にしたら低刺激になりますが、問題は洗浄力です。

クレンジングの洗浄力

クレンジングのに求める重視別に2つに別ける事ができます。

「洗浄力+簡単さ」
オイル系やリキッド系

「保湿力+低刺激」
ジェル系やクリーム系、ミルク系

どちらを重視するかによってクレンジング液を選んでると思います。

「洗浄力+簡単さ」のを重視すれば、肌への負担も大きくなり、

逆に肌への負担を考え

「保湿力+低刺激」を重視すれば、

メイクが落ち難く、メイクや汚れを残せばその後のスキンケアにも影響を及ぼし兼ねません。

そこで…

おすすめがあります。

日本初のクレンジング液

毎晩のクレンジングする上で、

「洗浄力+簡単さ」

もあり、

「保湿力+低刺激」

でもあるクレンジング液はないの?

しかも・・・

「界面活性剤不使用のものはないのかな?」

はっきり言いましょう!

あります。

おすすめクレンジング液

アンオーホリスティッククレンズミルクのLP

アンオーホリスティッククレンズミルクの 公式サイト

アンオークレンズミルクの実演の記事

肌に低刺激&よく落ちる(洗浄力がある)そして、美肌になるクレンジングは

『アンオーホリスティッククレンズミルク』

当然、界面活性剤不使用かつよく落ちるクレンジングミルクです。

アンオーの特長

アンオーホリスティッククレンズミルク 引力クレンジング

アンオーホリスティッククレンズミルクの 公式サイト

アンオーホリスティッククレンズミルクの特徴は

1.油分を限界まで配合し洗浄力をアップ

2.界面活性剤不使用、代わりに引力の力を使って「引力クレンジング」

この特長を利用する事によって

よく落ちる

美肌になる

マツエクもOK

ダブル洗顔不要

界面活性剤不使用な上に驚きのクレンズミルクとなっています。

引力クレンジングの仕組み

引力クレンジングのイメージ

一般的なクレンジング液は、メイクや汚れを浮かして馴染ませて水に流します。

一方、引力クレンジングは、

分子間のわずかな電位差によってお互いを引き合う力を利用して

メイク汚れをしっかり集めて水で流します。

引力クレンジングについて、詳しくは知りたいと思った人は別で記事を作成しているので、そちらをご覧ください。

イメージがより湧くと思います。

アンオークレンズミルクの実演の記事

最後に

女性は常にキレイで美しくいたいならお肌は最重要です。

敏感肌に悩んでいる人にとっては、界面活性剤が1つの原因かもしれません。

日本初の引力クレンジングの洗浄力を試してみて下さい。

 合せて読みたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする