人間関係で『仕事行きたくない』かなり損な事/【逃げる力】を身に着けろ!

会社にいて、まず大事なのが人間関係。

これさえ良ければ、会社の中は快適そのものです。

居心地最高と言っても過言ではありません。

多かれ少なかれ人間関係に困って、会社に行きたくない人は多いと思います。

その解決方法と対策をこれから紹介したいと思います。

上司、先輩を怒らせた場合

会社の上司や先輩と人間関係で困る場面はいっぱいあります。

これがこじれると決まって人間関係が悪くなり、仕事に行きたくないですね。

それを未然に防ぐのが1番の対策です。

こじれる前に怖がらず、対処して行きましょう。

簡単な対処方法

もし、何かの反動で怒らせてしまった場合は『言い訳は厳禁』です。

とりあえず、その場はハイハイ言っておきましょう。

これで十分です。

そして、後ほど謝りに行くとほとんどの場合は許してくれます。

時には『飲みに誘って来る』かもしれません。

『ったく、面倒くせぇな』

と思うかもしれませんが、

その時は今後のために、素直に着いて行ってはいはい上司や先輩の言ってることを適当に聞いてやるのが得策です。

そして完璧です。

今後、ある程度のミスなら見過ごしてくれるでしょう。

ポイントは上司や先輩に自分は味方だと思わせることです。

許してくれなかった時の対処

許してくれない時は、時間が必要になってきます。

何度謝っても、許してくれない、何も話してくれない、目も合わせてくれなくなったりします。

たまにおかしな上司や先輩がいるものです。

いつか仕返ししましょう!

解決の糸口は、その原因を探るのではなく、時間が何とかしてくれるのがほとんどです。

上司や先輩の顔色を伺うのではなく、自分の仕事にとにかく集中し、結果を出す事に集中するといい方向に向かいます。

それを逆に許して欲しいが故に、無理に謝ろうとすると思わぬ方向行き、自分の仕事に影響を及ぼす場合があります。

いわゆる悪循環というやつです。

無能でいつまでも根に持っているような上司や先輩にかまってる時間があるなら、自分のために時間は使いましょう。

怒られない対策

とにかく、上司や先輩とコミュニケーションを取るのが1番です。

ちょっとの事で相談する、報告する、これさえしておけば意外とすんなり人間関係は上手くいきます。

その際、ポイントは毅然とした態度を取るべきです。

相手は勝手にあなたに良い印象を抱き、勝手に気に入ってもらえるに違いありません。

少しのミスも軽々許してくれたり、大きなミスなら助けてくれたりします。

逆に報告も相談もしなければ、悪い方向にいったりします。

上司や先輩とこじれちゃってる場合

もう上司や先輩から無視をされたり、嫌がらせをされて、すでに人間関係がこじれちゃってる場合があります。

いわゆるパワハラ、イジメと言ってもいいでしょう。

これは本人としてはとても辛い状況に立たされます。

すでに末期症状と言っても過言ではありません。

決まって、人間関係上、下の者が犠牲になります。

対処方法

精神的に辛い状況に立たされているのは間違いないので、いち早く脱却するのが1番です。

こうなってしまっては、解決策という解決策はなくなってきます。

パワハラや嫌がらせからの解決策は自分の仕事に集中し、結果を出す事です。

その際、嫌がらせやパワハラからはとにかく逃げる、逃げに逃げまくる。

パワハラや嫌がらせにハマってしまうと自分の仕事に支障をきたします。

さらに悪い方向に行き、人間関係どころか自分が最悪の方向に行きます。

でもどうやって逃げるの?

逃げる逃げるって言っても、無能な人間ほど背を向けると追いかけてきます。

要はイジメやパワハラという形で奴らは、ストレス発散をしてきます。

悪い言い方ですが無能な上司や先輩は、弱い人間を痛めつけて喜ぶ人間だからです。

そこで逃げるとは、逃げる力をつけるという事です。

逃げ方には、相手の心理を読むやり方と、会社を辞めるという逃げ方があります。

まず、相手の心を読む逃げ方とは、何日も前から上司や先輩の心を読んでいきます。

無能な人間ほど気分屋なので、厄介ですがすごく簡単です。

まず、機嫌を見る。

良いのか?悪いのか?

1番分かるのが朝1番の表情を見ていきます。

毎日、嫌な顔を見るのが嫌だと思いますが、スマートに逃げるために必要不可欠です。

相手と接触する訳ではないので簡単な手段と言えるでしょう。

その機嫌から自分なりの対応策を考えると最善策が出てきます。

次に会社を辞めるというのは最終手段で、せっかく入社した会社をバカな奴らのために辞めるのはもったいない。

そこで、自分なりの心の拠り所を見つけておく。

趣味とかスポーツ、転職活動など、色々ストレス発散をする場を見つけるのが良いと思います。

しかし、この方法は気休めにしかなりません。ストレス発散のためにパチンコして借金なんてしてしまったら目も当てられません。

最強の方法があります。それは矛盾はしますが、いつ会社を辞めてもいい収入源を持っておくという事です。

これを持つことによって、人生強く生きて行くことが可能となり、うまくいくと出世も早いですね。

それはそうですよね?会社を辞めても自分は困らないのですから。

最強の心の拠り所を持つ

無能なパワハラ人間とは、パワハラをしている人間が会社を辞める事を1番に喜びます。

困ったふりをしますが、心の中では気分が良いはずです。

そこで今の時代、いやこれからの時代は投資に目覚めるのが1番良いと思います。

投資は損するとか、敷居が高いもと思われがちですが、そんな事はありません。

はっきり言って素人がやれば完全に損します。

しかし、投資の勉強をする事によって、誰しもが稼げるようになります。

投資の話をすると長くなるので簡単に説明します。

勉強もせずに投資話に誘われてて、儲けたいと思えば思うほど損をします。

要は勉強もしないで投資してしまうと、プロの投資家や詐欺師に総取りされてしまう訳です。

9割の人間が勉強もしないで投資をする訳ですから残りの1割の人間になれば良い、そうすれば少なからず稼げるようになるという事です。

まとめ

会社を辞めたいと感じたら、まずは自分の心に立ち止まって考えて見ましょう。

バカな奴らのために自分の人生が狂ってしまうのは、本当にバカな事をする事になります。

そうなる前に対策をしておく事を強くオススメします。

勉強すれば投資家になるのは簡単です。

投資家というと何億も稼いでいるイメージがあると思いますが、それはほんの一部に過ぎません。全体の1%の以下です。

明日、明後日には稼げるようにはなりませんが、勉強すれば必ず稼げるようになるはずです。

無能な上司や先輩に悩まされてる時間を投資の勉強に使うのが最善策なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする